So-net無料ブログ作成

出会いはいつも突然。② [家族]

初めまして。
実はまだ名前がありません。

image.jpeg

ずぶ濡れで保護、どんな姿か心配でしたが、
あら。綺麗。
特に病気が有りそうな感じにも見えません。

ウンチもいいウンチ…。
ただ、耳垢が片方黒い。
耳ダニですね。

名前がまだなのは、家族になれるか奮闘中なのです。
そして男子か女子か分からないのです。
そしてすごく名前も悩んでいるからなのです(^_^;)

救出から3日。
あの日、連れて帰ると、想像どおり、
ピー様が発狂。
おたけびが止みません。

つられて姉妹も泣きわめき。

あの家、なんかあったか??ってほどの鳴き声。

無理です。やはりうちは無理です。

以前にも2度、子猫を連れてきましたが、
同じ様に発狂。おたけび。離せは食う勢い。
殺ります。ピー様は
殺ります(T_T)

無理でした。

寝ている父におきてもらい、
とりあえず実家に避難させました。

途方にくれました。

実は何日か前と前日に2度、猫の里親の話がありました。
昨日、無理だと言ったばかりの今日、みたいな。でした。

まず、ピーが無理な事が1番大きい。
そして4匹は経験が無い、3匹までが手塩にかけられる私の限界と思った事。
もひとつ、分かっているけど猫は便と尿が臭い事。

大大大好きな猫。
でも今は無理。

そんな、矢先です。

里親を探す…
いや、これは出会いだ。運命だ。
だってさんたが帰ってきたんじゃないか?

まずはチャレンジする方向で始めました。

翌日。

トイプードルのマルも絶対無理!と思い、ペットショップの友達の店から試しに連れて帰り、
上手くいったので、友達にお願いして同じ作戦をためしました。

犬が何十匹も居る店内に子猫をケージに入れてもらい一旦帰宅。
あ、耳ダニの薬入れてもらいました。

半ドン勤務の長男に付き合ってもらい、
ダックス2匹を連れて店へ。

たくさんの動物の中だとダックス2匹は弱気になるのです(^_^;)チャンスなのです。

そこでさりげなく猫を抱いて…何時間かおしゃべりして…帰るときは一緒に車に乗って…成功!の予想図。マルの時の成功例。

しかし。甘かった。犬と猫との差はデカかった!
種類か違うことを痛感。

抱けばジャンプして嚙みつきました。
わたし、指をやられました(T_T)

3時間、格闘。
長男を怖がるピーは、なんとか嚙みつきを阻止できて、騙し騙し車へ。
スイッチが入ったらヤバい緊張感ある車内。

下手にケージに入れても余計危険なのです。

なんとか帰宅。
長男の部屋に避難。

しかし永遠と鳴くピー。

この日も実家に避難させました。

image.jpegimage.jpegimage.jpeg


つづく…

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。